FLPA (Finland Loghouse Promotion Association フィンランドログハウス推進協会)は、日本におけるフィンランドログハウスの普及を図ることを目的に設立されました。本サイトでは、フィンランドの暮らしや価値観を通じて、ログハウスのある豊かなライフスタイルを日本の皆さまに提案していきます。

FLPAメンバー

株式会社ホンカ・ジャパン

フィンランド生まれの世界最大のログハウスメーカー。ログハウスメーカーのリーディングカンパニーとして、世界50カ国以上で85000棟、日本でも4000棟を超える実績を持つ。ログハウス建築コンテスト等の受賞歴多数。

株式会社TALOインターナショナル

自由設計ログハウスを追求して30年以上の歴史と、4500棟を超える実績あり。「総ログ」にこだわり、業界初の総2階建てシステムの認定取得。2013年にはログハウス建築コンテストで農林水産大臣賞を受賞。

株式会社ゲストハウス

設計事務所として、30年にわたる豊富なログハウスの設計・デザインの実績を持つ。フィンランドの高品質な木材と優れた加工技術、そして日本の住環境に合わせたオリジナル部材を強みに、高品質・高付加価値ログハウスブランドを展開。

特別会員

フィンランド大使館商務部
BUSINESS FINLAND
フィンランドログハウス協会
FINNISH LOG HOUSE INDUSTRY

フィンランド大使館 商務部より

フィンランド大使館 上席商務官 木村正裕
現在ログハウスというと、フィンランドを含む北欧のログハウス、そしてカナダのログハウスが良く知られています。ログハウスの起源ははっきりしていませんが、古くからある建築様式であることが分かっています。その中でもフィンランドでは少なくとも600年前からログハウスが建てられていたという考古学的証拠があり、ログハウス発祥の地の一つとして挙げられています。
 フィンランド移民が北米大陸に持ち込んだログハウスの文化は、その後、丸太の形状を残した丸ログに変化していきますが、フィンランドの伝統では昔から手斧などを使い、丸太を角材に加工したログ、角ログを使用してきました。フィンランドの厳しい気候から生活を守るためにログとログの間のすき間を少なくするための知恵でした。現在ではこの角ログの伝統がマシンカットログと 呼ばれる技術として昇華しています。設計をもとに工場でログ材を製造することで、高い居住性を持つより自由な間取りの建物ができるようになっており、フィンランドの快適なライフスタイルを実現するための大切なツールです。
 さてこの度、フィンランドログハウス推進協会がフィンランドログハウスの普及啓蒙のために設立されたことは、我々フィンランドのライフスタイルを紹介する側にとっても大変喜ばしいことです。これを機にフィンランドの快適な暮らしをフィンランドログハウスの普及によって日本の皆様に体感していただければと願ってやみません。